Hiro Ishizuka
   弊研究室に興味のある学生(卒研・修士・博士)・PDの方へ   

研究テーマ:量子効果がつくる新しい物性電気伝導など,固体の性質の背後には多彩な物理があります.ディラック電子や,電子相関効果による相転移と素励起など,電子や原子核が凝縮した系では真空中の電子とは異なる電子や素励起が生じます.こうした凝縮系の性質は,多粒子系を「一粒子の物理の(単純な)応用」として捉える素朴な還元主義的解釈の困難を示唆します.凝縮系の一例である固体物質では,これら凝縮系の物理が多様な物性の源です.身近な物質が見せる新しい物性を起点として,凝縮系の新しい物理現象の開拓と理解を目標に固体材料の理論研究を行っています.
最近は特に,量子輸送現象や光物性に関する研究に取り組んでいます.電気伝導や熱輸送などの量子輸送現象は,量子位相干渉やベリー位相効果,ワニエ関数の対称性など,量子系の様々な性質を反映します.また,強相関系ではマグノンやスピノン等の準粒子が担う輸送現象も知られています.さらに,実験が比較的容易な為,理論の実験的検証や実験グループと連携した研究など,理論だけにとどまらない展開もあります.量子輸送現象や光物性の理論は,新しい物理現象の理解と実験的検証の双方に貢献できる研究テーマです.
最近の主な研究成果は,こちらで解説しています.

卒業研究,大学院(修士・博士)の配属について卒研生,大学院生(修士・博士)を歓迎しています.卒業研究や大学院での研究は自主性が要求されますし,学生・院生時代の研究経験はその後のキャリアに影響します.面白い研究ができそうか,グループの雰囲気が自分に合っているかなど,実際に訪問して確認してください.
卒研生は 東京工業大学 理学院 物理学系 から受け入れています.毎年,2-3月頃に卒業研究の為の研究室訪問があります.そのほか,メールによる問い合わせも歓迎しています.
大学院で研究指導を希望される方は 東京工業大学 理学院 物理学系 を受験してください.毎年開催されている大学院説明会(3-5月頃)では研究室訪問もできます.そのほか,メールによる問い合わせも歓迎しています.

ポスドクを希望される方学振研究員など,フェローシップのポスドクとして配属を希望される方は気軽にご連絡ください.科研費のポスドクの採用は研究室の予算状況によります.興味のある方は石塚 (ishizuka _at_ phys.titech.ac.jp) までメールでお問い合わせください.